スポンサーリンク

鉄フライパン歴4年の私がくっつかない使い方を解説【メイラード反応】

趣味

鉄のフライパンに食材がくっついてイライラする!

 

本日はそんなアナタに、鉄のフライパンでも食材がくっつかない方法について解説します。

 

googleに「鉄フライパン」と入力してると、上位に「くっつく」が表示されるんですよね。

ということで、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

 

 

早速ですが、解決策の結論から申し上げると、

正しい使い方とメンテナンすればくっつきません。

 


私はかれこれ鉄フライパンを4年以上使っていますが、今では食材がくっつくことはありません。

でも、鉄フライパン購入当初は…毎回イライラしてました。笑

つまり、正しい知識をつけることで克服できるということです。

 

鉄フライパンは、料理を美味しく・楽しくするのに欠かせない、メイラード反応のチートアイテムです。

是非使いこなして料理の幅を広げましょう。

 

【メイラード反応】鉄のフライパンで料理を更に美味しく楽しく
本日はニッチな料理好きのあなたに、メイラード反応について解説していきます。 いきなりタネ明かしですが、そもそもメイラード反応とは 食材を加熱することで褐色の焼き目がつき、香ばしい風味がでる現象のこと 要するに、料理が美味しく楽しくなるヤツです。笑 いい焼き目がついた香ばしいステーキや餃子をイメージしてください。 そう、まさしくアレがメイラード反応な訳です。 とい...

 

フライパンに食材がくっつく原因と正しい使い方

さっそくですがフライパンに食材がくっつく原因を解説していきます。

結論としては、以下3つの要因が考えられます。

 

① 前準備(空焼き~油馴染ませが)できていない
②調理時の温度が適していない

③ 手入れの方法を間違っている
 
 
以下で、正しい使い方を解説していきます。
 

使い始めの空焼きをしっかりやる

まず、鉄フライパンを購入して使い始めるには空焼きが必要です。

新品のフライパンには錆止めのコーティングがされています。

コイツを焼き切るイメージですね。

 

この際、ガスコンロの最強火でガンガン熱する必要があります。

多少匂いますのでしっかり換気しましょう。

 

うまく空焼きができるとフライパンの表面に酸化被膜が形成され少し青っぽくなります

これが次の油を馴染ませる工程で重要なポイントとなります。

ちなみに、先日中華鍋を買った際に空焼きしましたがコンロでは火力が足りなかったので…

ガスバーナーでおもいっきり熱したところうまく空焼きができました。

 

 

油をなじませる

空焼きが終わりフライパンの表面に酸化被膜が形成できたら油をなじませます。

酸化被膜には無数の小さい穴がありここに油が入り込むことで、食材がくっつくことを防げるのです。

 

また、多めの油を入れて全体に行きわたらせるのですが一緒に捨てる予定のクズ野菜を炒めると更に油がなじみやすいようです。

 

ちなみに既にお使いのフライパンでも同じ作業でくっつかなくなりますので、安心してくださいね。

 

料理の前に油返しをする

煙が出るくらいまでフライパンを温め弱火にした後、多めの油をフライパンに入れてなじませます。

余った油はオイルポットにもどしましょう。

Youtubeで中華料理を作っている動画を見ていると、お玉一杯分入れたりもするようですが…笑

家庭料理であれば大さじ2~3程度でOKです。

フライパンが育ってくると(油になじんでくると)さっと油を引くだけでもくっつかなくなりますよ。

 

食材によっては油が少ないとくっつく場合がありますので、経験を積んで微調整しましょう。

 

フライパンの温度に注意する

油返しをしたフライパンは温度が下がってます。

食材を焼く・炒める際の適温約180℃まで予熱しましょう。

 

適温になるとフライパン表面の油が波立ちます

煙が出るか出ないかぐらいのイメージです。

 

洗剤を使わず洗い、空焼きしてから保管する

洗剤は油をおとします

良かれと思って皿と一緒に洗うと空焼き~油を馴染ませた作業がチャラになるので要注意です。

 

ポイントは、調理後フライパンが熱いうちにたわしでさっと水洗いすることです。

衛生的に気になる方もいるかと思いますが全く心配はいりません。

洗った後は煙が出るくらいまで空焼きしますので細菌などは死んでしまいます。

 

そのあと軽く油を馴染ませ保管しましょう。

まとめ

本日は鉄のフライパンで食材がくっつかない、正しい使い方について解説しました。

 

少し手間のように思えますが、このひと手間で料理がグッと美味しくなります。

めんどくさいと思うか、楽しいと思うかは、あなた次第です。笑

 

また、テフロン加工のフライパンはコーティングが剥がれると買い替えですが、鉄フライパンは長く使うことができます

良いものを長く使いたい方にはおススメですよ。

 

本日は以上です。

趣味
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました